ホーム
文字サイズ
更新情報

前田強 田村 隆彦 長尾和明

WP Cumulus Flash tag cloud by Roy Tanck requires Flash Player 9 or better.

更新情報終わり
活動報告
2015年12月14日(月)

おはようございます。

今朝の合同街頭演説はかるぽーと前にて開催させて頂きました。

 

冒頭、高知県議会議員:前田強(まえだつよし)県連青年委員長からは

「知事の専決処分について」「県議会だよりについて」お話がありました。

 

まずは知事の専決処分の中に損害賠償額の決定というものがあります。議会への報告義務もあります。

例えば、県の職員が公用車ではなく私用車で、出張中や職務中に交通事故等を起こし、

相手側に損害を与えてしまった場合、任意保険ではなく県の税金からその賠償が支払われることとなっています。

また公用車での事故の場合は、任意の損害保険が適用されるわけですが、

事故発生による保険金支払いによって損害保険料は高くなっていきます。

もちろん、その損害保険料も県民の税金ですので、そのような事故を無くすための努力は必要であり、

限られた予算、更に有意義なことに使えるようにしなければなりません、とのお訴え。

 

続いて、県議会議員がどのような活動をしているのかを皆様にお知らせする

「県議会だより」という広報物が県民の皆様のお手元に年4回配布されています。

高知県内34市町村のうち、高知市を含む5市町村だけ新聞折り込みでの対応となっています。

この広報物の平均配布率は約78%。高知市においてはわずか60%、

その費用は300万円を超えているにも関わらず、残りの約40%の高知市民のお手元には、

県議会だよりが届いていない現状があり、

配布方法の見直しを含め、皆様のお手元に届くような改善が必要であるとのこと。

 

続いて民主党高知県第1区総支部長:大石宗(おおいししゅう)県連幹事長からは、

「軽減税率」についてお訴え。

税においてもっとも重要なのは「公平かつ簡素でわかりやすいこと」

品目毎に税率の異なるという、非常にわかりにくい軽減税率がなぜこの時期に本気で検討されているのか、軽減税率問題は本当に日本の国の将来を考えている議論なのか、単純に「業界や団体への対策」だけでやってはいないかという懸念が払拭できないとのお訴え。

S__10387547

緊張感のある政治を取り戻すべく、これからも青年委員会は活動を継続して参ります。

2015年12月07日(月)

おはようございます。

S__10166292

今朝の街頭演説は県庁前にて開催させて頂きました。

冒頭、高知県議会議員:前田強(まえだつよし)県連青年委員長からは

「企業誘致の在り方とその後について」のお訴え。

県内の雇用促進に貢献すべく、企業誘致を実施してきたわけですが、

万が一撤退をされる場合の雇用を守る為の対策の在り方が重要であり、

現在、県が12月議会に提出する予定の和解案についても、後手後手に回っている懸念があるとのこと。

多額の県民の税金を誘致に向けて注入してきた背景もある為、この問題については総括が必要との認識。

また、2020年の東京オリンピック・パラリンピックについては、

既に静岡県議会においては事前合宿等の招致に成功をしており、高知県における取組の遅れを再認識したお話。

高知県ではまだ知事を先頭とする招致委員会が発足しておらず、招致に向けた動きがまだまだ進んでいない為、9月議会でそのことについても訴えたとのこと。

S__10166303

続いて民主党高知県第1区総支部長:大石宗(おおいししゅう)県連幹事長からは、

人口減少問題について、働く人の数が減ることは、経済成長にも大きく関わっている。

借金1000兆円を超えた日本の財政問題、国の予算内に占める公債費、つまり借金の元利返済額は30兆円を超えている現状、

経済成長がなければ、日本の足は止まってしまうことも事実であるとのお訴え。

人口減少問題は都市部よりも地方、地方の中でも県庁所在地から遠ざかれば遠ざかるほど、問題は大きく、特に中山間地域において顕著である。

国土の保全や日本における均衡ある発展の観点からも、地域の暮らしを良くするための施策、地方の再生なくして日本の再生はないと強く訴えました。

「子育てや教育にも政策的予算をしっかりとつけるべきだ!」

日本のGDPに占める子育てや教育など将来を担う子ども達への支出割合は1.4%、先進国のフランスでは3.7%であり、

その理由のひとつに国の将来に対しての危機感がある。

財務省が提案してきている教員の削減問題は、まさしく机上の論理であり、人口当たりの教員の数が日本一多いと言われる高知県の実態を知らないことが問題である。

結果は努力で変わるが、教育を受ける機会の均等の観点からも、中山間地域等における教育の現状は改善していくことはあっても改悪してはならない。

 

「アベノミクスは一体何を豊かにしたのか!?」

「選挙前に反対を前面に押し出していた自民党はTPPの問題についてどのように責任を取るのか!?」

緊張感のある政治を取り戻していく必要があり、そのためにも、これまで以上に活動を拡大していくことをお約束させて頂き、

今朝の街頭演説を終了させて頂きました。

 

今後ともより一層のご支持ご支援を宜しくお願い致します。

 

2015年06月15日(月)

おはようございます。今週の街頭演説は、高知市百石町交差点。

冒頭、県連青年委員長の前田強(高知県議会議員)からは衣食住・エネルギーの地産地消について。

そして18歳への選挙年齢の引き下げに関連してのメディアリテラシーについても言及。

続いて、県連幹事長の大石宗さん(衆議院高知県第1区総支部長)からは安保法制について。

本日は、13時から衆議院憲法審査会高知地方公聴会が開催されます。

民主党高知県連からも多くの参加が予定されています。

S__1908747

2015年05月25日(月)

S__892939

おはようございます。今朝の合同街頭演説は介良交差点にて開催致しました。

冒頭、前田強高知県議からは所属している産業振興土木委員会について。

高知県における経済状況、河川堤防の強化工事の進捗、人口減少問題等について訴え。

本日から全国のコンビニエンスストア等で販売が開始される高知家プレミアム旅行券についても告知を行いました。

地方における経済対策の一環で、高知県も、市町村でもお得な商品券が販売を開始されました。

高知県の商品券の詳細はこちらへ(高知新聞の記事へ)  高知市龍馬プレミアム商品券の詳細はこちらへ

 

S__892941

 

次に大石宗(おおいししゅう)衆議院高知第1区総支部長からは安全保障の問題について。

領海警備法を例に挙げながら、専守防衛の観点からも、日本の近くはより積極的に、遠くは抑制的に、という民主党の考え方を説明。

その中で、大石宗さんが長年取り組んできた戦没者の遺骨を祖国日本へ還す活動に触れながら、平和と安心、そして経済浮揚の観点からも

反対だけの野党ではなく、一つ一つの議題に対して、是々非々で臨んでいく健全な野党の必要性を訴えました。

今後とも、民主党高知県連青年委員会は「顔の見える政治、身近な政治の実現」に向けて、毎週月曜日、県内各所で街頭演説を開催しております。

お見かけしましたら、お気軽にお声掛け下さいませ。

2015年05月11日(月)

おはようございます。

統一地方選等があり、暫くお休みをさせて頂いておりました青年委員会の街頭演説ですが、

先日の幹事会にて再開提案をさせて頂き、今朝はかるぽーと前にて、

大石宗高知県第1区総支部長、前田強県議会議員の2名での参加でした。

S__589833

大石宗さんからは、党本部発表されました

「安全保障法制に関する民主党の考え方」の取りまとめ

を受けてのお話。国会における議論や採決よりも先に他国との約束を取り交わしていく自民党のやり方は、見過ごすことはできない!と訴え。

前田強高知県県議からは、4月12日における県議選にて初当選をさせて頂いたことに対する御礼と、

12日から始まります臨時議会について、そして高知県政の課題として人口減少問題と子育て世帯への支援の話。

「身近な政治、顔の見える政治の実現」に向け、

「継続は力なり」を実践して参ります。

毎週月曜日、午前8時から県内各所で街頭演説をさせて頂いております。

来週は、百石町交差点の予定です。

今後ともご支援の程、宜しくお願い致します。

2015年05月09日(土)

おはようございます。

県連役員会・幹事会が本日開催されました。

本部において4月28日に発表されました、

「安全保障法制に関する民主党の考え方」の取りまとめ

を受けて、様々な議論や意見交換等が行われ、

改めて高知県においても、もっと分かりやすい形で県民の皆様にお伝えできる機会を設けるべきであるとの結論に達しました。

詳細に付きましては、「民主党本部発表」をご参照くださいませ。

2015年04月29日(水)

DSC_0324

2015年4月29日、城西公園にて連合高知によるメーデーが開催され、約1700名によるデモ行進が開催されました。

民主党高知県連も参議院議員広田一代表を先頭に、武内のりお代表代行、大石宗幹事長、近藤強副代表、長尾和明副代表、前田強政調会長等が参加致しました。

「残業代ゼロよりも先に、過労死ゼロを!!」

長年の活動によって勝ち取ってきた「8時間労働」を基軸として、

「働くことを軸とする共生社会の実現」を求め、城西公園から升形商店街、電車通りから中央公園へと

多くの仲間と共にデモ行進で訴えて参りました。

今後とも民主党高知県連は様々な取り組みを継続して参ります!

 

2015年04月01日(水)

 

民主党高知県連ローカルマニュフェスト

2015年 民主党高知県連がめざす 高知のすがた

を発表いたしました。

スライド1

スライド2

スライド3

スライド4

スライド5

スライド6

スライド7

スライド8

スライド9

スライド10

スライド11 スライド12

スライド13 スライド14

 

2015年02月13日(金)

4月に行われる統一地方選挙に向けて、民主党の公認・推薦候補者が決まりました。 たくさんの皆様のご支援をお願いいたします。

2014年12月12日(金)

10857875_1389763777984576_4047919359603349246_n

 

他にもたくさんおスタンプがございます。詳しくはこちらをクリック!

スタンプをダウンロードして、皆様のブログやFacebook,Twitterに貼りつけましょう!

2014年12月12日(金)

高知1区から民主党公認で立候補している

大石宗候補(党本部青年委員会副委員長)は7日夕、

高知市内で個人演説会を開き、地方を、高知を元気にしていくことが

日本を元気にしていくことにつながると訴えた。

広田一高知県連代表(参院議員)も応援に駆け付けともに訴えた。

大石候補は、「2年前の野田総理(当時)と安倍総裁(当時)が

党首討論で社会保障と税の一体改革、

議員定数の削減をすることを約束した。

私は野田総理の 決断を見て、与野党でもしっかりと協力して

国のために頑張っていけると期待した。

それから2年経ったが、そんな約束すら全く守ろうとしない安倍総理の

姿勢 というものが明らかになってきている。定数削減の約束だけではなく、

社会保障と税の一体改革で行うことを約束した医療、年金、

介護などの立て直しについて も放置されている部分がある」と述べ、

安倍総理の政治姿勢を厳しく批判した。

特定秘密保護法や集団的自衛権の問題では、

「国論を二分する重要な議論だが、こうしたことを行っていく時は、

本来大事なのは国民の信頼と納得だ。

安倍総 理はこれらを無視をするやり方を続けている。

これでは政治離れが起こるのは当然だ」と話し、今度の選挙戦で問うていかなくてはならない課題だと強調した。

地方の立て直については、「高知県出身の思想家で植木枝盛という人がいる。

彼はヒト・モノ・カネが大都市に集中すると、その国は弱体化してしまうと

著書 で書いている。この3つのバランスを取らなければならない。

ヒト・モノ・カネを集中させることではなく動かしていくことで、

地方を、この高知県を再生し、 そのことが日本を元気にしていくことにつながる」と述べ、

「この仕事をさせてもらうために、私を国政に送ってほしい」と訴えた。

dcabbdf24a5c8a80f19faece693c08a4_tn233

 

転載元はこちら!

2014年12月10日(水)

S__11116578

民主党高知県連主催「1区大石宗候補、2区武内のりお候補合同演説会」が

18:30より高新RKCホールにて開催されました!

平日の夜にも関わらず、約600人もの支援者の皆様にお集まり頂きまして、誠にありがとうございます! S__3080236

閉会後も大石宗候補、武内のりお候補揃って、お集まり頂いた皆様に御礼をさせて頂きました。

最後の最後まで、高知県内、隅々まで走り回りながら、お訴えをさせて頂きます。

2014年12月09日(火)

1210

是非ともご参加を宜しくお願い致します!!

2014年11月30日(日)

本日、午前10時より

高知市仲田町6-24(旧ビッグジョイ跡)にて武内のりお事務所開きを開催致しました。

ご多忙の中多くの皆様に御出席して頂き、心より感謝を申し上げると同時に、身が引き締まる思いで一杯です。

mini1417331298

武内のりおホームページは

http://www.takeuchi-norio.com

 

2014年09月22日(月)

S__14696453

おはようございます。

今朝の青年委員会合同街頭演説は、介良交差点にて開催致しました。

冒頭、前田強(マエダツヨシ)青年委員長からは

高知県は年間6000人以上もの人口減少・流出が起きていいる。

これ以上県民人口が減少することは、お一人お一人の暮らしが、さらに厳しいものとなってくることは明らかである。

人口減少に歯止めをかける必要があり、その為には稼げる高知県、エネルギーと食糧を供給できる高知県、

全国のどこよりも子どもを産み・育てやすい高知県を目指すべく、政治と行政の舵を切らなければならないと訴えました。

そして、大石宗(オオイシシュウ)衆議院高知県第1区総支部長からは

この25年間、膨大に膨れ上がった国家の借金問題に言及。

未来の世代にツケを残さない政治をしながらも、必要な事業を並行して実施しなければならない厳しさはあるが、

そのことをやってのけなければ、未来を拓くことはできないとのお訴え。

最後に、参議院議員広田一(ヒロタハジメ)県連代表からは、安全保障の問題について。

秋の臨時国会において、集団的自衛権の容認について安倍政権による閣議決定に反対する理由を説明。

政府の示した8つの事例を挙げ、個別的自衛権と警察権を拡張しての対応も可能であるとのお訴え。

顔の見える政治、身近な政治の実現を。

今後とも叱咤激励、厳しいご意見も合わせて、心からお願い申し上げます。

終わり