ホーム
文字サイズ
更新情報
更新情報終わり
タイトル

街角からのお訴え!

2014年06月30日(月)
おはようございます。河ノ瀬交差点で青年委員会街頭演説を行いました。
IMG_166801
はじめに、前田強県連政調会長からは、「皆様、おひとりおひとりにとって、政治とは何ですか?」
ご通学・通勤途中のみなさんに問いかけをさせて頂きました。
政治は、「過去・現在・未来」すべて、ひとりひとりに関わる大切なことです。
これからの時代の担い手となる、学生や子育て世代のみなさんに、さらに光を当てていかなければなりません。
 また、南海地震対策については
防災・減災は足元から徹底を!と訴えました。夜間の停電時においても、迅速に県民、市民が避難をすることができるように、光る避難掲示版や誘導灯の増設、そして避難経路上の不要なブロック塀の撤去の必要性などを強調。
続いて、参議院議員広田一県連代表からは、集団的自衛権について。
IMG_167201
とても大切な憲法に関わる事柄を、「解釈」で進めてしまうことは、憲法そのものへの信頼と安定がゆるぎかねません。
国会でしっかり議論する環境を整えなければ、なし崩し的に「何をやってもかまわない」環境が整ってしまいます。
そもそも安全保障とは、国民の生命と財産を守ることです。
政府が挙げているひとつひとつの事例について、
個別的自衛権や警察権など、現在の司法の枠組で対応・対処できることが多くあります。
必要なのはイデオロギーではなく、リアリズムです。
閣議決定がなされる明日7月1日(火)はこれからの日本にとって大切な1日となります。
国会とは言論の府であり、しっかり議論することを定着させなければなりません。
その為にも私たち民主党高知県連青年委員会ではまず、
政治を身近に感じて頂ける様、高知市内各所での街頭演説等、
皆様に見える形での活動を続けて行きます。
朝のお忙しい時間にも関わらず多くの皆様から激励を頂きまして、ありがとうございます。
今後とも、ご支援、よろしくお願いいたします。
終わり