ホーム
文字サイズ
更新情報
更新情報終わり
タイトル

継続は力なり ~国家と国民について~

2014年03月24日(月)

おはようございます。

今朝の青年局主催の街頭演説は高知市介良交差点にて行いました。

前田強県連青年局長からは「若い政治家、政治を志す者の意義とは」についてお訴えさせて頂きました。

1395643225994

また大石宗県連副代表からは、「戦後最大の予算が戦後最も早くに

十分な審議や議論も尽くされないまま成立してしまった背景」についてお話させて頂きました。

 

1395643736593

続いて、広田一参議院議員からは

「予算成立後の国会では、議論の中心が集団的自衛権を含む安全保障へと移っていきます。

そして、世間の皆様の大きな関心は消費税増税でしょうが、

この増税の陰に隠れるように、この自公政権によって、

復興特別法人税が前倒しで廃止され、また軽自動車税の増税も行われます。

国家の定義において、「国家あっての国民なのか」「国民あっての国家なのか」が、

安全保障や税制においても重要な相違点であります。

国会は言論の府であり、政治を変えるとは税金の使い方を変えることであります。

民主党は下ばかり向いているのではなく、今、できることをひとうひとつ実践していくこと、

また継続していくことこそ、力となっていくこと」を訴えさせて頂きまして、

午後からの上京後、全力で国会において高知県、日本の為に尽力することをお誓い申し上げました。

1395643521907

 

終わり