ホーム
文字サイズ
更新情報
更新情報終わり
タイトル

合区候補者決定に伴う記者会見

2015年12月26日(土)

来夏に実施される参議院議員選挙、高知県と徳島県との合区選挙区における予定候補者として

徳島県の大西聡(おおにしそう)さんが高知市内にて記者会見を開催しました。

冒頭、高知県連代表の広田一参議院議員から

「党本部からの直接的な説明が今後の選挙において一致結束する為には必須であり、対峙すべきは安倍政権である」

「大西さんは、理念や訴えも候補者として十分な素質も兼ね備えており、いち早く高知に赴いて頂いたことに感謝申し上げる」

との発言をし、

続いて徳島県連、仁木博文代表からは

「安倍政権の光と影、特に高知県や徳島県においては光よりも影の影響が大きい」

「大西さんの弁護士としての遺伝子はまさに弱者の味方である」

「来夏における参議院議員選挙で安保関連法の廃止に向けて全力を尽くす」

「高知県民の思いを代弁することのできる人物」

「合区での選挙は来夏を最初で最後として、抜本的な制度改正を進めていく」

「高知県と徳島県とのお国争いではなく、安倍政権と対峙する」

との発言。

最後に、大西聡さんからは

6903

「20年間、弁護士として活動してきた、国家権力が最低限遵守しなければならない憲法を壊し始めた安倍政権に対し、

立憲主義の危機を感じ、見過ごすことはできない」

「憲法を遵守しないような政治は次第にエスカレートしていき、暴走する懸念が大きく、それを止めなければならない」

「両県民の思いをしっかり国政に届けると同時に、今回で候補者として選ばれなかった高知県の武内のりおさんの思いも含めて、重大な責任感を持って全力で頑張る」

「幅の広い支持を得なければ勝つことが難しいため、市民団体や他の政党とも連携できるように、無所属で戦わせて欲しい」

とのお訴え。

高知県に続いて、徳島県においても記者会見を行う予定です。

終わり