ホーム
文字サイズ
更新情報
更新情報終わり
活動報告
2016年01月18日(月)

おはようございます。

今朝の街頭演説は県庁前にて。

冒頭、高知県議会議員・前田強政調会長からは

「高知県議会議員のわたくし前田強からこの高知県政の課題につきまして、またこの2月議会におきまして私自身予算委員会の

一問一答形式での質問に立たしていただく予定となっておりますことも踏まえまして皆様へのお訴えさせて頂きたいと思います。

まずは新しい取り組みの1つとして、高知県は皆様のご存知のとおり健康長寿県構想というものがございます。

この構想は一体どういうものなのか、その1つの取り組みの中に例えば現在取り組んでおります、

歯の健康については、8020活動というものをご存じでしょうか。

80歳で20本の自分の歯を、というものですが、この歯の健康がどれだけ大切なのか。

そのことをまさしく政治として条例に定め、それに対しての取り組みを加速、推進してまいりました。

例えば歯の病気または噛み合わせ、その他さまざまなことがございますけど、例えば妊婦さん1つ取りましても

妊婦さんの歯周病予防、この歯周病というものがまさしく未熟児であったり、早産であったりそういうものの原因となって悪影響を及ぼしているという研究もあります。

その影響をなくすために、試験的であったとしても産婦人科と歯医者さんが連携を取って頂いて

妊婦さんの歯周病予防や治療、またそういう受診をしていただくことそのことにおいて高知県は新たな取り組みとして進めているわけでございます」

とのこと。高知県いおける医療費の問題も然りですが、それ以上に、高知県の美味しい食事、楽しいお酒という文化を長く堪能する為にも

健康への取り組みは継続性と広がりをもって、また、企業の皆様とも協力し合いながら進めていけなければなりませんとのお訴え。

 

続いて、民主党衆議院第1区総支部長の大石しゅう県連幹事長からは、

 

「青年委員会として取り組むべきは、やはり1つは財政の問題であります。

この日本おかれた財政の今の状況という物は、これは確かに私たち一人一人が今胸にとどめて考えておかなければならない課題であります。

今年の予算編成上の国の予算で見ても収入は55兆円しかないのに支出は100兆円ということで残りの45兆円これを様々な手当てをしておりますけれども、

その多くは国債を発行して、そして何とかこの財政の財源にもあてていく、こういう状態が長らく続いているところであります。

そしてこれは平成に入ってからもわずか27年、これで膨れ上がったものでもあります。

昭和の最後に、増税なき財政再建を提唱した土光敏夫さんという有名な人がいます。土光敏夫さんは財政再建を果たしていかなければ我が国の将来は真っ暗であり、現在のこの借金漬けの日本の国の体制を立て直していかなければ将来においては良くならないこういう事を訴えました。

私たちの国の財政の問題を考えたときに議論を深めていかなければならないのはやはり社会保障の問題であります。

日本の国の財政を考えたときに最も歳出に占める割合が大きいのが社会保障の35兆円でございます。

その次が借金の返済に25兆円ほどでありますけれども、あわせて60兆円ということで

そもそも社会保障と借金の返済だけで、国は収入以上の支出以上となっています。

しかしながら防衛もしなければならない

あるいは教育もしなければいけない、様々なやらなければならない仕事、投資をしなければならないことがあるから

仕方なく国会に承認を経て国債を発行し、何とか財政に充てているという状況であります。

その中でいま35兆円という、最も大きな歳出である社会保障ですが、これは2025年にはピークを迎えると言われてあります。

この状況の中でただ単に社会保障を削って皆さん我慢してくださいこういう事だけでは生活の安心、そして日本の国の活力が削がれてしまうから、

このことをいかに大事にしながらも、しかしながら財政的政略に目を向けて財政の改革に取り組んでいくのか、これが私たちの今後の大きな課題であります。

この財政の問題についてはこの30年間、日本の国がこのような状況になるとわかっていながら何も手を打つことなく30年間只々借金を増やし続けてきたわけです。

これは民主党政権も同じであります。民主党政権のときはリーマンショックや東日本大震災などの影響もありましたが、

しかし一方で本当にこの100兆円を超える歳出を、今私たちの国がこのまま放置しておいていいのか、青年委員会としてもかなり厳しい認識を持っているところであります。

そういった中で地方の経営を立て直していくこのことは非常に重要な事であります。

高知県も高知市も非常に財政的に厳しい状況におかれていましたけれども今の尾﨑知事、そして岡﨑市長のご努力もあり、

財政的にはかなり好転をしてまいりました。これから新たな事業も始まって行きますけれども、こういう時だからこそ地方議会が中心となって

ひとつひとつの予算や決算についても有効に使われているのかどうかをチェックしながら、

そしてさらに必要な所に予算を回していく議会の情報収集能力はもっとも重要になって参ります」とのこと。

これからの将来世代に何を残していくことができるのか、青年委員会の大きなテーマについても言及しながらのお訴え。

S__11657238

今後とも、青年委員会の活動にご協力を賜りますことをお願い申し上げます。

2016年01月04日(月)

S__11165738

新年、明けましておめでとうございます。

県連青年委員会の合同街頭演説1回目は、高知市はりまや橋交差点にて。

冒頭、青年委員長の前田強(まえだつよし)高知県議会議員からは

高知県の農業従事者の平均年齢のお話、大規模化と集約化の動きや取り組みと課題、

予防医療のお話、本年開催予定のブラジル五輪のお話などのお訴え。

 

続いて、県連幹事長の大石宗(おおいししゅう)高知県衆議院第一区総支部長からは、

S__11165746

「どんな政党であっても、将来の日本が根本的に抱えている課題の解決に向けてしっかり取り組んでいかなければならない。

その一つは財政の問題、もう一つは社会保障、子育て、少子化対策、そして最後に私たち地方、都市と地方の格差が広がっている問題。

この三つの大きな課題の解決に向けて取り組んでいくと同時に、外交安全保障、中国や北朝鮮等の様々な脅威にどのように対抗していくのか、

自分たちの国をしっかり守っていく体制を作るのか、そういうことを前提に置きながら戦後70年守られ続けてきた平和な国家をこれからも存続させていく為にも

大変重要な節目になると思います。

そういった中で昨年の2015年は、政治の世界に、緊張感や競争というものが少なかったと思います。

今年はこの政治の世界に緊張感と競争をしっかり取り戻して参ります。

元旦に高知新聞に共同通信社の世論調査が掲載されていました。

今、安倍総理は確かに強烈なリーダーシップで政権運営をしております。

しかし、そのリーダーシップだけが際立っており、反面、野党には信頼できる勢力がない。

それが理由の1つだと思いますけれども、この世論調査ではやはり与野党がもう少し拮抗をするような政治状況が大変重要であるという意思が示されておりました。

私はこの与野党がそれなりに拮抗をしている、それはもちろん大変大切なことだと思いますけれども、

その拮抗していくうえで重要なことが1つあると私は個人的に思っています。

2007年参議院選挙で民主党が勝利をした、そして2009年政権交代をした後に、大敗からの下野。

この10年間、様々な政治的状況の変遷がありました。

その中で与野党が足を引っ張り合う、そういう姿を私たちは身近で見てきて

日本の政治は本当にこれでいいのかそういう危機感を抱いたところであります。

自分たちが政権与党を担ったら同じようなことをしなければならない、同じような判断をしなければならない時でさえ自分たちが野党であれば無責任に反対をしていく、

あるいはその逆をやっていく、こういうことで先ほど冒頭申し上げましたような日本の国の置かれている財政の問題、社会保障の課題、そして外交安全保障の課題、

難しい課題を乗り越えていくことはできません。

やはり政治が足を引っ張り合うような体制は早期に脱却をすると同時に、

課題を解決するその道筋において健全な議論と競争をしっかりしていく、

そして野党は与党の暴走を止めていく、

そして緊張感のもった国会運営をしていく、

そのことで国民の政治への信頼を取り戻していく、

そのことが重要であると思います」

とのお訴え。

将来世代にツケを回す政治ではなく、将来世代に主眼を置いた政治の必要性を県連青年委員会は今後も継続して訴え続けるとともに、

政策等への反映も踏まえ、実現に向けて尽力して参ります。

なお、本日から通常国会がスタートしました。

終わり